半固形状のコスメ

 あたいは乾燥肌に一際悩まされていて、一時期『バームビューティー法』にはまっていました。ものすごく良かったし影響もあったので紹介します。
 ほんとにバームは、半固形状のコスメだ。ビューティーオイルを固形にしたもので、常温では固形で、スキンにのせるとスキンの体温で溶けてトロトロになり、スキンに密着してくれるのが特徴です。スキンにのせるというべたつくオイルによって緻密で、クリームから厳しい感じです。バームはクリームよりも水気蒸発を防いでくれるので、保湿状態が思い切り保たれる結果、乾燥肌には凄く良いです。そんなバームによるビューティー法は、ただメイク落としにクレンジングバームをつぎ込み、洗い後のスキンケアの最後に、保湿バームを使うに関してだけです。先ずクレンジングバームを使う時は、扱う容積をけちらず、たっぷりと使います。ケチって少量のバームでスキンを擦り付けると、スレでスキンを傷つけてしまう。指の胴を通じて、やさしくグルグルといった円を描くようにスキンに馴染ませ、メイクを浮かせます。そうして普段のスキンケアの最後に保湿のバームを使います。バームはスキンに水気を与えていただけるわけではないので、バームを塗る前にメークアップ水などをよく塗っておくことが大切です。スキンに水気を与えておくと、後に取り扱うバームの普及を再びよくして貰える。保湿バームのやり方は、最初に指の胴で温めてから使います。そうして面構えの数字箇所にポンポンといったのせ、手の内を通じて面構え総合に馴染ませます。気になる部分には繰り返し設定すると、より良いだ。バームビューティー法はただこれだけだ。
 あたいは冬の乾燥が恐ろしいひとときは思い切りバームとしている。バームを使うことにより、乾燥が決して考えにならなくなりました。バームを付ける場合面構えのマッサージもできるので、血行が良くなります。それで血行が悪くなりがちな冬に、バームビューティー法をすることはすごくオススメです。スキンは乾燥すると硬くなってしまい、メークアップ水などの普及勢力がどんどん悪くなってしまう。なので、こうしたビューティー切り口を使いスキンを柔らかくすることがオススメです。サワシリン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です